原生林の中に末吉宮

2011
08-13
末吉公園を散歩がてら、末吉宮を目指すのですがなかなかルートを見つけることができません!
この場所は2回も往復してしまいました!
玉城朝薫300年記念碑なのです!琉球史上はじめて、組踊を創作した人物のようだ!
この先の階段を登りつめ右に折れた石畳道を行くと末吉宮跡の碑があるのだが途中で引き返していたのだ!

写真をクリックすると拡大表示できます

末吉宮a 末吉宮b

二度目は、階段を登りつめ、石畳道を突き進むことで、末吉宮跡の碑をみつけることが出来たのです!
碑を左に折れて、細い道を歩くとなにやらまた案内の碑がある!

国指定史跡 末吉宮跡 昭和47年5月15日指定
沖縄県指定有形文化財 建造物 末吉宮磴道 昭和31年2月20日指定
 末吉宮は、かつての琉球八社の一つで、俗に「社壇」と呼ばれるている。尚泰久王代の1456年頃、天界寺住待鶴翁和尚が熊野三社権現を勧請して奉祀したのにはじまるという。本殿は三間社流造り本瓦葺きで、前面に向拝を付している。磴道は、参道を登りつめたところから祭場までの8段、祭場から拝殿跡までの21段及び拝殿跡から本殿までの7段の一連の石造り階段部分をいう。本殿と祭場はそれぞれ別の岩盤の上にあり、両間は切石積みの石造単拱橋(アーチ橋)で継いでいる。なお磴道は昭和46年に修理され、本殿は昭和47年に復元された。
 末吉宮の下方には、末吉宮の神宮寺で俗に「末吉の寺」と呼ばれる遍照寺(もの万寿寺)の跡がある。この寺は山号を大慶山といい、真言宗に属し、沖縄における神仏混淆の信仰形態を知る上で重要な史料である。また、社殿の周囲の崖下には点々と拝所が設けられ、信仰の対象となっている。

このように書かれている。

末吉宮c 末吉宮d

末吉宮e 末吉宮f

末吉宮g 末吉宮h

末吉宮からは、小高い丘の上にそびえる首里城や末吉沿線を走るゆいレール(モノレール)、
那覇市の全景等が望める。

末吉宮i 末吉宮j


末吉宮k 末吉宮l

ゆいレール市立病院前駅近くの末吉公園への入口駐車場から、原生林の中にたたずむ末吉宮が望める!

★次は「末吉公園で出会った昆虫」を8月15公開です★

にほんブログ村 環境ブログ グリーンツーリズムへ
☆ご覧頂き有難うね!
楽しめたら押してね!☆

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

ノリーダヨ

Author:ノリーダヨ
ノリーのスローライフ ブログから
    沖縄情報の発信です!

影

ゆったりした時間の流れを楽しむ場です
★★ 癒しのひと時を楽しみましょう ★★

【私】:もちろんノリーダヨ、スローライフを提唱しているもののなかなかですね!
 
【ふうちゃん】:私の人生のパートナー沖縄のコスメメーカー勤務!

【しーちゃん】:80歳越えの私の母!

【友人達】:沖縄、福岡、大阪、神戸、東京・千葉・・・他が登場します。

よろしくね!

四季の花時計

最新記事

検索フォーム