やんばる少年探検隊 安須森に登る 3-2

2012
11-29
やっと安須森(アスムイ)登山口に到着なのだ、12:20登山開始!

左側に登って、正面の右側から戻ってきますって説明かなぁ...!

聞いてないのかぁ おまえは...写真撮るのに忙しくて!

言い訳するんじゃない、先輩の言うことは ちゃんと聞くもんだ! 

掲載写真をクリックすると拡大表示できます

安須森2-a

えぇ~ この子も背負って 登山するのぉ 凄いねぇ 将来は、アルピニストかなぁ!

安須森2-b

上の子は お母さんと登り始めたよ 4歳だって 頑張るねぇ!

安須森2-c

女性隊員が 足元の岩陰に 可愛いいキノコ見っけです...とってと言っているが!

採って・撮ってどっちかなぁ?...とりあえずパチリなのです(笑) 

安須森2-d

途中の洞窟には 祠が収められている...! 

登山の安全祈願かなぁ 隊長が神々からパワーをなのだ!

安須森2-e

もう一寸登れば 安須森のてっぺんに到達だぁ!

安須森2-f

後ろを振り向くと 素晴らし絶景が...沖縄の最北端辺戸岬が! 

眼下に広がっているのだ...青い海に浮かぶ辺戸岬! 

この岬を境に 右が太平洋 左が東シナ海なのだ...!

安須森2-g

登頂まで、30分もかかって無いんじゃないのぉ...楽勝だねぇと思っていたのだが、

下山は 先に見える山を尾根伝いに 回り込んで降りて行くというのだ...! 

下山の方が きつそうだねぇ...行きはよいよい 帰りはつらい だね(笑) 

安須森2-h

この水平線上に うっすらと浮かぶ島は 鹿児島県だよぉ...与論島なのだ!

安須森2-i

安須森のてっぺんに到着...休憩だぁ 結構急な岩山登ってきたからねぇ!

ここには、ウガンジュ(神を拝む場所)が 沢山あるねぇ...!

  安須森は、琉球の神話によればアマミキヨ(阿摩美久)という神様が、琉球の島々を造ったとき、
  最初にこしらえたのが、この辺戸の「安須杜」だという。 開闢の神話の第一の霊地ということだ。
  琉球王国時代、毎年5月と12月に首里から派遣された時大屋子(トキノウフヤク)(神官)が
  この安須杜(アスムイ)の大川から若水をくみ、その水で国王、王子、王女、聞得大君などの
  長寿を祈ったという。

安須森2-j

すごい絶景だねぇ 沖縄本島全体が見えそうな気がするねぇ 海・太陽の煌めきが綺麗だね! 

安須森2-k

直ぐ傍は 絶壁 高いとこ苦手なんだよねぇ(笑)

安須森2-l

国頭の山々 ここは戦争の被害を受けていない 自然の原生林が広がってるのだ!

今の季節、他府県の山々は 紅黄葉で 染まっているだろうに 沖縄は緑の山々だねぇ!

安須森2-m

ヤンバルクイナ見えるかぁ(笑)...下山して駐車場の近くで他の隊員が見たそうな!

安須森2-n

この子頑張ったねぇ でも ここでお別れ お父さんと来た道を下山することに!

安須森2-o

別荘主の隊員ともここでお別れ 尾根伝いの下山はきついので 元来た道をなのだ! 

安須森2-p

さぁ 日が暮れないうちに駐車場へ戻れるよう 下山開始なのだ...!

次の回は、下山の模様を記事にするからねぇ...楽しみにね!


☆ご覧頂き有難うね!
    ↓ ↓   楽しめたら押してね!☆
にほんブログ村 環境ブログ グリーンツーリズムへ

Trackback

Comment

お宮 さんへ
こんばんは、お宮さん。
是非 安須森に 登ってみてください!
素晴らしい 展望ですよ。
辺戸岬や巨大ヤンバルクイナ展望台のお尻の方が眼下に見えます!
国道より内陸側の 大きな岩山です...」!
行くついでに 安和岳も登ってみたらいかがでしょうか、
登山から下山までの所要時間3.5時間 ここも 景観が抜群です。 
  • 2012-11-30│22:52 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
辺戸岬がこの角度で見えるということは
あの巨大「ヤンバルクイナ」展望台の上方の山ですか?

もしかすると2月に行けそうなので登ってみようかな(笑)。
  • 2012-11-30│22:08 |
  • お宮 URL│
  • [edit]
らぶ さんへ
らぶさん、こんばんは。
私の別荘じゃないですから(笑)
絶景いいでしょう 是非 登ってみてください!
病みつきになるかも 健康にもいいし(笑)
そうなんだよね 沖縄 夏より今が作りやすいかも...台風が無いから!
  • 2012-11-30│21:21 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
ご友人の別荘、すごいですね。うちの本宅…って本宅だけですが…より広い、すごわー。

すごいのはこの絶景、山歩きが嫌いな私ですが、この絶景見られるのなら登っちゃいます!
帰り道も楽しみにしていますね。

もうひとつ、この時期にキュウリなど植えて収穫出来そうってのもすごい、日本は広いのね。
笠ぼん さんへ
またまた、こんばんは。
早い登頂でも 景観がいいのがいい(笑)
来年 楽しみだねぇ。
  • 2012-11-29│22:51 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
こんばんわ。
随分早い登頂!まっ、良いか。それにしても自然の美しさに酔いますね。一応、来年、行くことに決めました。
で、私と、誰になるかは?・・・・!
  • 2012-11-29│22:31 |
  • 笠ぼん URL
  • [edit]
nohohon life さんへ
こんばんは、nohohon lifeさん。
沖縄大好き人間が増えていくのって嬉しいですね!
何時までもよろしくね 今度は登山にも挑戦してみてよ!
綺麗だよぉ...楽しいよぉ(笑)
  • 2012-11-29│22:10 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
Paganini さんへ
Paganiniさん、こんばんは。
ロケーション最高の 登山を楽しむことが出来ました!
Paganiniさんのキノコ料理最高に美味そうだよ!
写真のキノコは 可愛いけど 食える奴なのだろうか?
分かんないから写真のみ パチリでした(笑)
  • 2012-11-29│21:35 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
重箱石 さんへ
こんばんは、重箱石さん。
是非 沖縄へ 暖かいよぉ 春みたいなもんだよぉ!
今日も半袖Tシャツでコメント書いてますから(笑)
エアコン入れてないからねぇ! 
  • 2012-11-29│21:13 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
tsurikichi さんへ
こんばんは、taurikichiさん。
安須森 始めて登りましたが 最高のロケーションでした、
30分で登れるものの 最終段階は鎖がかかっていて かなりの急斜面の岩山です!
私が振り向いて 辺戸岬を眺めたところの50cm横は 断崖絶壁で 腰が引けて、
立てない状況での撮影でした(笑) 後一か所お勧めは 「安和岳」です ここも景観がいいですよ! 
  • 2012-11-29│20:51 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
こんにちは~^^
山を登ったら
綺麗な海が見渡せるなんて
最高の登山ですね!

やっぱり沖縄大好き♡

  • 2012-11-29│12:40 |
  • nohohon life URL│
  • [edit]
No title
おはようございま~す^^

物凄く素晴らしい景色ですね~^^


きのこちゃん、可愛いです♪
絵本に出てきそう~^^

うちの昨日のごはんはきのこでした^^;

素敵な一日を・・・^^
  • 2012-11-29│10:43 |
  • Paganini URL
  • [edit]
No title
沖縄はやっぱり美しいねー
オラも行ってみたいなー
応援
  • 2012-11-29│09:05 |
  • 重箱石 URL
  • [edit]
おはようございます。
やっぱり南国の山って感じですね。
眺めも最高!
観ているだけでも楽しさが伝わってきます。
海の見える山にはめったに行く事が無いので、見てたら行きたくなります。
下山記事も楽しみにしています。
  • 2012-11-29│07:41 |
  • tsurikichi URL
  • [edit]
まときち さんへ
おはようございます、まときちさん。
30分で登ってこの景色 いいでしょう!
鹿児島県まで見えるのだから(笑)
  • 2012-11-29│06:06 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
おはようございます。
素晴らしい絶景ですね!
ホントに本島が全て見渡せそう。
水平線の向こうに与論島・・・ロマンあるな~!

ポチッと♪
  • 2012-11-29│05:19 |
  • まときち URL
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

ノリーダヨ

Author:ノリーダヨ
ノリーのスローライフ ブログから
    沖縄情報の発信です!

影

ゆったりした時間の流れを楽しむ場です
★★ 癒しのひと時を楽しみましょう ★★

【私】:もちろんノリーダヨ、スローライフを提唱しているもののなかなかですね!
 
【ふうちゃん】:私の人生のパートナー沖縄のコスメメーカー勤務!

【しーちゃん】:80歳越えの私の母!

【友人達】:沖縄、福岡、大阪、神戸、東京・千葉・・・他が登場します。

よろしくね!

四季の花時計

最新記事

検索フォーム