首里城と周辺史跡

2012
11-05
文化の日 首里城でも イベントです 首里城祭なのだ、

琉球王朝絵巻行列が あったのだ 今回は首里城とその周辺史跡の紹介を!

沖縄は暑いし お祭りなのだから 会場でビールを飲む 思惑で 車は使わないことに、
ユイレール(モノレール)で 首里の儀保駅まで 駅構内には 首里城と、
守礼門が描かれた タイルの壁画が...綺麗なもんだねぇ と パチリ! 

掲載写真をクリックすると拡大表示できます

首里城a

首里城へ向かう 通りすがり 沖縄芸術大学の前を抜けると 
右手に”弁財天堂(べんざいてんどう)と円鑑池(えんかんち)”が、

「弁財天堂」は航海安全を司る水の女神・弁財天を祀(まつ)っている。建物は当初1502年に朝鮮から贈られた方冊蔵経(ほうさつぞうきょう)を納めるために建立されたが、1609年の薩摩侵入で破壊された。 1629年に修復、このとき円覚寺にあった弁財天像を安置したが、その後荒廃したため1685年に薩摩から新像を移した。しかし、これも沖縄戦で破壊され、その後1968年(昭和43)に復元された。


首里城b

弁財天堂の 道向かいには 円覚寺(えんかくじ)があるのだ。

この寺は1494年に創建された沖縄における臨済宗(りんざいしゅう)の総本山で、第二尚氏王統歴代国王の菩提寺であった。寺は禅宗(ぜんしゅう)の「七堂伽藍(しちどうがらん)」の形式で建造され、境内(けいだい)には多くの建物が配置されていた。


首里城c

次に 見えてきたのが 首里城の”久慶門”(きゅうけいもん)なのだ、

「久慶門(きゅうけいもん)」は別名「ほこり御門(うじょう)」ともいう。歓会門(かんかいもん)が正門であるのに対し、ここは通用門で主に女性が利用したといわれている。国王が寺院を参詣(さんけい)したり、浦添から以北の地方へ行幸(ぎょこう)するとき等に使用した門であった。創建は1477~1526年【尚真王代(しょうしんおう)】といわれ、1983年(昭和58)に復元された。

首里城d

次に見えてくるのが ”園比屋武御嶽石門”(そのひゃんうたきいしもん)だ、

琉球石灰岩で造られた建造物で、国王が外出するときに安全祈願をした礼拝所である。形は門になっているが人が通る門ではなく、いわば神への「礼拝の門」ともいうべき場所である。

首里城e

これは よく知らている ”守礼門”(しゅれいもん)なのだ、

「守礼(しゅれい)」は「礼節を守る」という意味で、門に掲げられている扁額(へんがく)には「守■之邦(しゅれいのくに)」と書かれている。「琉球は礼節を重んずる国である」という意味である。首里城は石垣と城門の多い城であるが、中でもデザイン上バランスがとれ、エレガントな雰囲気のある代表的な門がこの「守礼門」である。中国風の牌楼(ぱいろう)という形式で建立されている。

首里城f

首里城g 

いよいよ これが正門の ”歓会門”(かんかいもん) 首里城へ入城なのだ、

首里城の城郭(じょうかく)内へ入る第一の正門で、「歓会(かんかい)」とは歓迎するという意味である。往時、首里城へは中国皇帝の使者「冊封使(さっぽうし)」が招かれたが、こうした人々を歓迎するという意味でこの名が付けられた。 

首里城h

歓会門前に鎮座する シーサの石の彫刻だ!

首里城i

これは ”瑞泉門”(ずいせんもん)だ、

「瑞泉(ずいせん)」とは「立派な、めでたい泉」という意味である。門の手前右側にある湧水が「龍樋(りゅうひ)」と呼ばれ、それにちなんでこのように名付けられた。ここは第二の門で、別名「ひかわ御門(うじょう)」ともいう。

首里城j

これは、瑞泉門前に鎮座する シーサの石の彫刻のかたわら!

首里城k

”漏刻門”(ろうこくもん) をくぐると 首里城本殿の瓦屋根が見えてくる、

「漏刻(ろうこく)」とは中国語で「水時計」という意味である。ここは第三の門で、別名「かご居せ御門(うじょう)」ともいう。

門の上の櫓(やぐら)に水槽を設置し、水が漏れる量で時間を計ったといわれている。時刻を測定すると係の役人がここで太鼓を叩き、それを聞いた別の役人が東(あがり)のアザナと西(いり)のアザナおよび右掖門(うえきもん)で同時に大鐘(おおがね)を打ち鳴らし、城内および城外に時刻を知らせた。


首里城l

本殿の瓦屋根の左右には 龍の焼き物が 載っている!

首里城m

首里城n

漏刻門をくぐったとこの広場に置かれているのが ”日影台”(にちえいだい)だ、

「漏刻門(ろうこくもん)」の正面に置かれているのが「日影台(にちえいだい)」という日時計である。往時もこの場所におかれ、水時計の補助的な道具として使われた。

首里城o 

これは、首里森御嶽(すいむいうたき)だ、

城壁の手前にある礼拝所を「首里森御嶽(すいむいうたき)」という。「琉球開闢(かいびゃく)神話」によれば、神が造られた聖地であるとされている。また、城内にはここを含めて「十嶽(とたけ)」と呼ばれる10ヶ所の礼拝所があったといわれる。

首里城q

首里城r

首里城s

これが、首里城”正殿”(せいでん)なのだ、

正殿は琉球王国最大の木造建造物で国殿または百浦添御殿(ももうらそえうどぅん)とよばれ、文字通り全国百の浦々を支配する象徴として最も重要な建物でした。

正殿を二層三階建てとすることや装飾化した龍柱は日中にも類例がなく、琉球独自の形式といってよいでしょう。



首里城t

首里城u

首里城v

これは、”書院・鎖之間と庭園”(しょいん・さすのまとていえん)の建物、

書院・鎖之間は正殿につぐ大規模な木造復元を行った建物であり、建物は、南殿の二階部分と同じ高さの地盤の上にあり、南殿と渡り廊下でつながっている。
きらびやかな正殿とは対照的に、建物と庭園が一体的で落ち着いた雰囲気のある往時の国王の執務空間を体感できる場となっている。   平成21年に建物と庭園が国の「名勝」に指定された。


首里城w 

急ぎ足の紹介でしたが これで首里城と周辺史跡の紹介が 終了なのだ、

いよいよ 次は 琉球王朝絵巻行列の 紹介だよぉ 楽しみにしててねぇ~!

といきたいのだが 記事がまだ書き切れてないので お花を挟むね(笑)

☆ご覧頂き有難うね!
    ↓ ↓   楽しめたら押してね!☆
にほんブログ村 環境ブログ グリーンツーリズムへ

Trackback

Comment

笠ぼん さんへ
一度行った場所、懐かしく思い出されるでしょう、
首里城は 沖縄でも 素晴らしい観光地の一つですね!
  • 2012-11-11│07:03 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
こんばんわ。
首里 首里 首里・・・・ 首里城~♪
與那嶺商会がこれを唄っているのがこの場所!琉球祭で聴いてから病みつき状態。今年の忘年会で歌うつもりです。首里城、復習になります。息子と撮った場所もあって懐かしい。
  • 2012-11-10│23:35 |
  • 笠ぼん URL
  • [edit]
ボンママ さんへ
こんばんは、ボンママさん。
有難うねぇ そのように言ってくれると 嬉しいですよぉ!
ボンママさんの 目で見た首里城の コメントが貰えるといいんだけどねぇ!
是非沖縄で 実際の首里城観てねぇ~ なのだ(笑)
  • 2012-11-06│21:25 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
こんな風に首里城などを見た事がなかったので、素晴らしい建築なんだという事が改めてわかりました。
感動しましたよ。
  • 2012-11-06│15:24 |
  • ポンママ URL│
  • [edit]
Paganini さんへ
こんにちは、Pganiniさん。
美味しい料理 楽しみにしているからねぇ!
これからも よろしくお願いします。
  • 2012-11-06│12:58 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
初めまして。。。Paganiniと申します^^
そして。。。
おはようございます^^

いつも拙い私のブログをご訪問下さいまして、ありがとうございます。
感謝でございますm(..)m

また、お邪魔させて頂きますね~♪

失礼致します。。。
  • 2012-11-06│10:52 |
  • Paganini URL
  • [edit]
tsurikichi さんへ
おはようございます、tsurikichiさん。
首里城近辺 全ては廻ってなかったのですね!
そうですよね 来沖は2月でしたね、昔のようですか(笑)
それは、tsurikichiさんが、いい日々を過ごされているからですよ!
  • 2012-11-06│07:32 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
おはようございます。
訪問の際に見残した場所など、色々と見させていただいています。
一度行った場所は懐かしく思いながら観ています。
今年の2月に行ったのに、感覚的には随分と昔の事のように思えます。
何ででしょう?
  • 2012-11-06│07:14 |
  • tsurikichi URL
  • [edit]
まときち さんへ
おはようございます、まときちさん。
首里城いいですよぉ でも、行くところが多くなったねぇ(笑)
琉球王朝絵巻行列も いいので見てねぇ!
  • 2012-11-06│06:26 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
おはようございます。
首里城、一昨年行きました!
その時の感動を思い出しました。
来年もう一度行こうかな~。

ポチッと♪
  • 2012-11-06│05:14 |
  • まときち URL
  • [edit]
りな さんへ
こんばんは、りなさん。
残念でしたね でも この記事を見て首里城に行きたくなったのなら、
私は 嬉しいですよ 次は 首里城も観光先に入れてください。
見るとこ沢山 ありますからね 迷うよねぇ(笑)
  • 2012-11-05│19:19 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
重箱石 さんへ
こんばんは、重箱石さん。
返事が遅くなりましたねぇ...!

琉球の大航海時代の 繁栄を彷彿させる建物です!
守礼門はいいよねぇ 守礼の邦 と書かれています。
琉球は 礼節を重んずる国 だったのです!
  • 2012-11-05│19:15 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
なんと立派ですね~♪
一度だけ沖縄に旅行に行きましたが、日程が合わなくて首里城にはいけてないんです(^^ゞ
記事を読んで、行ってみたくなりました(*^_^*)
  • 2012-11-05│10:58 |
  • りな URL│
  • [edit]
No title
おはようー

スゲー建物だねー
私も村の神社を載せたけど
月とすっぽんだねー

守礼門はスゴイねー
応援
  • 2012-11-05│09:16 |
  • 重箱石 URL
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

ノリーダヨ

Author:ノリーダヨ
ノリーのスローライフ ブログから
    沖縄情報の発信です!

影

ゆったりした時間の流れを楽しむ場です
★★ 癒しのひと時を楽しみましょう ★★

【私】:もちろんノリーダヨ、スローライフを提唱しているもののなかなかですね!
 
【ふうちゃん】:私の人生のパートナー沖縄のコスメメーカー勤務!

【しーちゃん】:80歳越えの私の母!

【友人達】:沖縄、福岡、大阪、神戸、東京・千葉・・・他が登場します。

よろしくね!

四季の花時計

最新記事

検索フォーム