FC2ブログ

沖縄県最北端の地、辺戸岬に想う

2012
05-20
去った5月15日は沖縄本土復帰の日であった、もう40年になるんだねぇ。
今回は、大阪から沖縄入りしている友人と、沖縄本島北部の散策なのである!

沖縄県最北端の地、辺戸岬まで...ここまでは遠くてなかなか来れないんだよねぇ!
それでも、年間40万人もの人達が、足を運んでいるとのことなのだ...!

最北端というのは魅力があるのかなぁ...(笑)
辺戸岬には、祖国復帰闘争碑が建立されている。

掲載写真をクリックすると拡大表示できます

辺戸岬a

碑文は、「全国のそして全世界の友人へ送る」から始まる、沖縄県民がいかに平和を愛し、
日米両国の思惑により平和への望みを断たれ、1972年5月15日に本土復帰を果たせたものの、

本土復帰を喜ぶも、心から喜べない県民の心情がある! 
碑文は、なかなかの名文なので、全国のそして世界の友人へ読んでほしいものだ。

1952年4月28日効力発生のサンフランシスコ「平和?」条約により、
戦後日本の独立を引き換えに、沖縄が米国に売り渡された、沖縄県民にとっての屈辱の日、

この日の前後、辺戸岬では大きなかがり火が焚かれ、眼下に望める目と鼻の先の鹿児島県与論島
でも同じようにかがり火が焚かれたのだ! それは、本土復帰を勝ち取る日まで続いたのである。  

かがり火を焚くことで、平和への祈りと、祖国復帰闘争へ向け、お互に闘志を高めあったのだった。

辺戸岬b 辺戸岬c

与論島から送られ建立された与論島のシンボル...辺戸岬から望む山の上にヤンバルクイナが(笑)

辺戸岬d 辺戸岬e
辺戸岬には、アザミの花が沢山咲いていた、綺麗だねぇ~!  沖縄のアザミって白だよ(笑)

                 右下の写真、白い可憐な花が咲いている...これも可愛くていいねぇ~!

辺戸岬f

辺戸岬g 辺戸岬h
辺戸岬を離れ、しばらく車を走らせるとお茶の産地、奥の集落が見えてくる!
集落に入る手前の街路樹のデイゴが綺麗に咲いている...ちょっと車を止め撮影!
やんばるで見るデイゴも綺麗だねぇ...やんばるでは、まだ害虫に侵されていないのかなぁ~!

辺戸岬i

辺戸岬j 辺戸岬k

デイゴは沖縄の県花...平和を祈り咲いた紅い花を愛で、祖国復帰を成し遂げるために、
戦った先輩達の平和への想いを、感じ取ることが出来た、ノリーダヨの北部旅であった!


☆ご覧頂き有難うね!
    ↓ ↓   楽しめたら押してね!☆
にほんブログ村 環境ブログ グリーンツーリズムへ

Trackback

Comment

Plumeri さんへ
えぇ~お菓子食べたのぉ~ 美味しかったですかぁ~(笑)

祖国復帰闘争碑の碑文は、私が幼いころから高校生までの事を思い出させてくれました、
たしかに、祖国へ復帰するために県民一体となって闘っていたなぁ~と!
結果は完璧な復帰ではなかったのですが...まずはアメリカの支配からの脱却が必要でした。
米軍人による犯罪が多発、それを取り締まることが出来ない沖縄の警察、
屈辱の連続でしたから。
  • 2012-05-23│07:08 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
↑美味しそうなお魚料理をみたらお腹が空いてお菓子食べてきてしまいました(笑)

この碑には様々な思いが綴られているのですね!
まだまだ米軍基地の問題等、解決しないと本当の平和へは辿りつけない部分。そして、見えない部分、知らされてない部分もありますね。

沖縄の人々が日本に復帰されてよかったと、いつか本当の意味で思える政治がこれから行われますように。。。

デイゴは花...沖縄の平和を祈り人々の想いを見守りながらずっと咲き続けてきたのね、鮮やかな赤色に熱い心を感じます。
まときち さんへ
おはようございます、まときちさん。
日本政府が沖縄の事を表に出したくないために、教科書にも載せないようにしたのですから、
まときちさんが、このことを知らないのは仕方ないことですよ。
碑文には、その当時の沖縄の人達の気持ちがちゃんと記されていました。
  • 2012-05-21│07:08 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
笠ぼん さんへ
おはようございます、笠ぼんさん。
笠ぼんさんの沖縄に対する思い、政府に対する憤りが伝わってきました、有難うございます。
携帯電話のフィルタリングの件、立派な行動をなされたのですね、
これがきっかけで虐めを受けるとは、情けない話です、日本人の心は何処に行ってしまったのでしょうか!
笠ぼんさんのお気持ちに感謝です。
  • 2012-05-21│06:58 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
沖縄の歴史、屈辱。。。
知らないことばかりで何ともお恥ずかしい!
素晴らしい碑ですね、今年行ってみようかな。

ポチっと♪
  • 2012-05-21│06:03 |
  • まときち URL
  • [edit]
そういえば…!
ノリーダヨさんが核の事をコメントされていたんで、ふと思い出しました。ツアーの時、ガイドさんがアメリカ軍の毒ガスの件をバスでされていて、驚いた事や、未だにアメリカ合衆国の沖縄!なんて言ってる話を聞きました。それを聞いた途端、憤りを感じて強く拳を握りしめて高速からベースキャンプを見つめていました。その時に、まだまだ県民は苦しみから解放されていない!いつの日にか必ず沖縄を平和にしなければ!とその時、改めて感じておりました。なのに…今の国はかなりおかしい!口先では、負担軽減を言ってるけど、やってる事が伴ってない。私、近所に親しくしているカメラ好きのアドバイザーさんと沖縄の事について、よく話をしてるんですよ!その方も私の気持ちや沖縄県について理解力を持って下さっています。私、一人ぐらい力説してもどうもならない事は有りません。実は数年前にある問題で国会議員に提議を求めたら、なんと内閣委員会で実際に案件として話あわれ、のちに携帯電話を子供が持つ場合、強制的にフィルタリング制度に加入する。

この結果をもたらしたのは、実は私なんです。ちょっとした事件を元に、声を上げた結果です。その時の議事録も東京から届きました。一時、私のした行為で子供が虐めや、クレームを受けたり、私自身も周りから、ちょっと嫌がらせなどを受けましたが、良い事をしたんだから、絶対にやられる!事は覚悟してました。が、さすがに子供が虐めをくらったのはつらかったですが!

だから今回の辺野古の事だって今、色々と考えておる所です。声が高まれば、再度、県民の気持ちを知って頂けるはずです。それが民主主義ですよね!

私自身、微々たるもんですが、沖縄県民に対する感謝を行動で恩返ししたい。

すぐにどうこうは無理かもしれませんが、頑張ってみます。
  • 2012-05-21│01:44 |
  • 笠ぼん URL│
  • [edit]
カバ子 さんへ
こんばんは、カバ子さん。
いまでも日本政府は過去の状況を表に出したくないのです、
教科書の問題もこれらを隠す必要があるからです。
私から見て、この碑文は、当時の沖縄県民の気持ちを伝えています。
写真を拡大して全文読んでいただければ嬉しいですね。
  • 2012-05-20│21:42 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
こんばんは
担任の先生から
「今日は沖縄が日本に帰ってきた日です」
と言われたのをはっきり覚えています
小学生だった私が、はじめて沖縄を知った日でした
歴史について知ったのは、それからまだまだ先のことです
ヒロシマのことばかり教えてもらっていましたから…
  • 2012-05-20│21:13 |
  • カバ子 URL│
  • [edit]
重箱石 さんへ
重箱石さん、こんばんは。
もう40年たったのです、そろそろ本土並みの基地負担にしてもらいたいものですね。
祖国復帰の内容(本土並み核抜き返還)においてだまされたのは事実、
まだ、殆どの基地が沖縄に残っているし、核は無いと言いながら未だにあるとおもわれます!

その当時は、判ってはいてもまずは、アメリカの支配から抜け出すことを必要としたのです。
政治的に思惑のあるのが政党です...沖縄県民を利用したとしても代弁できる政党は無いのでは!
  • 2012-05-20│21:09 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
こんばんはー

40年ですかー、長いです
皆さん、結構な事を書いてますねー
私も書こうかしら?
うん、とにかく沖縄は「いけにえ」になったのです。

自民党長期政権に、だまされつづけたのです。
ならばと、民主党政権に変えたものの、なんの変化がありません。

沖縄県民の声を代弁している政党はあります。
応援
  • 2012-05-20│19:45 |
  • 重箱石 URL
  • [edit]
tsurikichi さんへ
こんばんは、tsurikichiさん。
このような沖縄の歴史も頭に入れて辺戸岬へ行かれると、何か見えてくるものあるかもしれません。
天気が良ければ、辺戸岬から目と鼻の先に与論島が見えます、夜は町の明かりがハッキリ見てとれますよ!

今回は、ヤンバルクイナ展望台を見てのとおり、黄砂がかかって与論島を見ることができませんでした。
てなことで、与論島の写真は無かったのです...残念なのだ(笑)
  • 2012-05-20│19:16 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
相子 さんへ
相子さん、こんばんは。
私が幼いころ、メーデー等の時に、沖教組が中心となって各労働団体の方たちが、
祖国復帰の歌を歌い、国際通りを練り歩き祖国復帰を、うったえていました。

実際に祖国復帰が実現したのは、私が高校2年生の時でした。
久々に辺戸岬へ行き、今まで読んだことのなかった碑文を読んだ時、

沖縄県民の苦悩が、その当時の祖国復帰運動の躍動が思い出されました、
祖国復帰40周年の節目でもあり、ブログに乗せることにしました。

少なくとも、当ブログを見ていただいている皆様にだけでも、
祖国復帰闘争碑の碑文を見ていただければと思ったからなのです。

相子さんのおっしゃる通り、国はもつと本気になってもらわなければ困るのです。
人間としての思考で捉え、平和を考えればそんな難しい話でも無いのですけどね(笑)

  • 2012-05-20│19:10 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
こんばんは。
前回の沖縄旅行では日程的に沖縄県最北端の地、辺戸岬まで行けなかったのが心残りです。
いつかまた、時間を作って再訪したいと思います。
  • 2012-05-20│17:56 |
  • tsurikichi URL
  • [edit]
No title
こんにちわ!写真も文章も心に響きます。
沖縄は長く受難の日々を送っていますね。国はもっと本気になって貰わなければなりません。
  • 2012-05-20│17:11 |
  • 相子 URL│
  • [edit]
笠ぼん さんへ
こんにちは、笠ぼんさん。
沖縄は、昨夜から雨、今現在も雨が降っていて、まるで梅雨のようです(笑)

笠ぼんさんは、地元にいらっしゃる御身内から沖縄の人の気持ちの在り方を聞いていて、
かなりご理解されているので、私から何も言うことはありません。

笠ぼんさんのおっしゃるとおり、沖縄の全土が心から笑顔になれる日を望みたいものです。
人間としての思考で捉え、平和を考えれば小学生でも判る簡単なことなのですがね(笑)
  • 2012-05-20│14:50 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
こんにちわ。
県民が苦しい思いをして生きてきた歴史は、おばあ(嫁の母)や、嫁から聞いて来ました。今の日本は平和ぼけしていてブレまくりです。式典に、ようも、のこのこと鳩山が行けたもんですよ。恥を知らないですかね?ほんとに謝罪の気持があるんでしょうかね?返って県民の心を逆なでする式典への参加。アホまるだしもいいところです。
40年、されど40年。沖縄全土が心から笑顔になれる日を望みたいものですね。応援ポチ。
  • 2012-05-20│14:21 |
  • 笠ぼん URL
  • [edit]
たゆさり さんへ
おはようございます、たゆさりさん。
40年もたつと、その当時の事を忘れてしまいがちです、

今回は、特別な感情を持って行ったのではないのですが、本土復帰40年の節目が頭にあったのでしょう!
この碑文を見たときに、そういうことがあったなぁ~と思い起こしてしまったのです。

たゆさりさんは、やさしい心根の持ち主のようですね...有難うございます。

祖国復帰闘争碑の碑文の最後に、この碑の存在、ありかたについて書かれています!

この碑は ”人類が永遠に生存し、生きとし生けるものが、
        自然の攝理の下に生きながら得るために、警鈴を鳴らさんとしてある”

時間が許すなら、碑文の写真を拡大して全文を読んでみてくださいね(笑) 
  • 2012-05-20│09:28 |
  • ノリーダヨ URL│
  • [edit]
No title
素敵な旅だったのですね☆(〃艸〃)
こういう想いを改めて思い起こすってとっても大切なことだなって、これまた改めて感じた記事でした☆
このお花も、まんまるで、円って、平和の象徴のような気がするので、なんだか優しい気持ちになれました!ヽ(≧∀≦)ノ
  • 2012-05-20│08:50 |
  • たゆさり URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

ノリーダヨ

Author:ノリーダヨ
ノリーのスローライフ ブログから
    沖縄情報の発信です!

影

ゆったりした時間の流れを楽しむ場です
★★ 癒しのひと時を楽しみましょう ★★

【私】:もちろんノリーダヨ、スローライフを提唱しているもののなかなかですね!
 
【ふうちゃん】:私の人生のパートナー沖縄のコスメメーカー勤務!

【しーちゃん】:80歳越えの私の母!

【友人達】:沖縄、福岡、大阪、神戸、東京・千葉・・・他が登場します。

よろしくね!

四季の花時計

最新記事

検索フォーム